竹下です。こんにちは(・・)/

今回は、長期でFXトレードを行われている方からの
ごご要望により、長期的なトレードのための為替の動向を
推測します。

長期的なトレードを行う方々の多くは、ストップロス注文を入れずに、
含み損などを許容いながらトレードするわけですが、
資金が潤沢にあって、日々のデイトレードなどが面倒だと思われる
トレーダーには非常に向いています。

なぜなら、為替変動というのは、誰がどう予測しようが、
結論としては上下に変動します。
当たり前のことです。
つまり、長期的にクローズしなければいつかは収益を出す可能性が大きいのです。

まぁ厳密に言えば、早い段階で損切りして、次のトレードをした方が良いのですが、
長期的なトレードもありといえばありです。

今年は、大きく円安に動くことが予想されます。

すでに市場は円安に動いておりますが、
さらに円安に動くでしょう。

野田内閣の時代は、
公共事業を大きく削減し、まずは支出を減らすことに、
注力しましたが、やはり大きな経済規模で考えるとお金の流れがストップする。
ということになり、ドルやユーロがじゃぶじゃぶにお金を刷っているのとは、
正反対の対策により、爆発的に円高に為替が変動しました。

現在の安倍内閣は「財政出動」をかかげています。
まずは、必要な公共事業をどんどん行い、お金を市場に流す。
その金額は10兆円。
内容は、橋や道路の拡張。老朽化したインフラの整備。

結局は、建設業だけにしかお金が回らない??
ということになるが、まぁ国からお金を出すのに、
ITやその他のサービス業に直接的にお金を出すわけにも行かず、
とりあえずは、「インフラ」ということになっている。

インフラ業が潤うことにより、給料があがったり雇用がうまれる。
そのお金が洋服や車を買い、レストランで食事をし、
お金が市場に流れる。 

2つ目が「金融緩和」だが、
いままで、「1%の物価上昇をめどに‥」だったのが、
「2%の物価上昇を目標とする」と名言した。

これは、大きなことだ。
今まで曖昧に1%と宣言していたが、すでに0.6~0.9%ほど
物価上昇しているので、そろそろ引き締めか?という話になる。

ということで、2%の物価上昇を実現するために、
日銀は、各金融機関や市場から国際や金融商品を買い続ける。
そのためにお金を刷る。
お金のサプライが圧倒的に増える。
需要と供給の関係で、円が安くなる。

3つ目が「成長戦略
まぁ会社の経営会議のようなものだ。
竹中平蔵や楽天の三木谷、ローソンの社長などを集めて、
今後、発展するであろう産業を作り出す。という寸法だ。
かなり難しいことだろうけど、やるべきことだし。<
個人的にはすごく応援しているし、どれほどのもんか見てみたい。
そうそう新しい産業やトレンドなど出てくるものではない。
官民一体でどんな産業ができるのか楽しみである。
おそらく一次産業がらみか???

ということで、国がお金をバラまくと明言しているので、
大きく円安に動くことは間違いない。

成功すれば更にお金がお金を呼び円安へと動くだろう。

最悪のシナリオは、
マネーサプライのみが先行し、円安に動き、輸入品を中心に
物価が大きく上昇し、給料だけは上がらない。。。最悪だ(-_-;

しかしこの場合は、国の借金は膨れ、国債の金利があがり、
更に円安へと動く。

ということで、どちらにしても円安に動く

超長期的なトレーダーは参考にしてください。

資金が潤沢にない方は、自動売買システムによる、
トレードをおすすめします。

長期的に実績の出ているFX商材のレビュー↓
→ ゴールデンスパイダーFX

→ マナブ式FX完全マスタープログラム

→ 恋スキャFXビクトリーDX完全版


【無料相談受け付けます】
購入検討中の商材のテクニカルが本物か判断できない。
過去の購入商材とトレード結果
証拠金の予算
1日に可能な作業時間
パソコンのスキル(例:メールとネット検索はできます)
希望する収益(例:月10万円以上、短期で100万円)
竹下へ無料相談メール